オレは中学生の頃から、HEARTBREAKERSやRAMONES、BLONDIEなんかのNYパンクがとにかく好きでね。
2010年10月、オレがプライベートでNYに遊びに行った時、たまたまWALTERのバンド「THE WALDOS」のライブがあったので観に行ったんだよ(対バンはなんと!バイブレーターズ)。
両バンドとも切れ味の鋭い演奏で、とても素晴らしいライヴだった。

THE WALDOS「Crazy Little Baby」

実を言うと、その前年、オレは友人から、「WALTERが日本でライブを演りたがっている」ことを聞いていたんだ。そして、ドラムをオレに演ってくれないかってね。

そんなこともあって、そのWALDOSのライブ後、楽屋にWALTERを訪ねたんだ。

会った瞬間に意気投合さ。
WALTERは日本から来たオレをとても温かく迎え入れてくれた。
言葉は不要だったね。

「日本で一緒に演れたらいいよな。ぜひ実現しようぜ!」
とロックンロール調で固い握手を交わしたりしてさ……。
とてもエキサイティングな夜だった。

その時の楽屋での写真を今探しているところなんだ。
きっとどこかにあるはずなので、見つけたらここにアップする予定だ。

—つづく—

その2はこちら